2020年06月02日

香りのお花


 ちょっと前に
梅花ウツギのお話をしたけど
今日、お話するお花も
香りが良いですよ~。 

ニオイバンマツリ3.jpg

花4.gif お花の名前は
ニオイバンマツリって
いかにも香りのお花って
お名前です。 花3.gif

264449.gif お花の色は、
咲き始めが紫っぽくって
だんだん白っぽくなっていきます。 すみれ.gif

ニオイバンマツリ2.jpg

306376.gif 鉢植えで育てているので
お花が咲いた時だけ
玄関先にもっていきます。 311915.gif

玄関を出ると
いい香りがして
癒されます。 

ニオイバンマツリ1.jpg

霜には少しだけ弱いようなので
念の為、
軒下で越冬させました。  

 お花の色が変わっていくのも
楽しいですよ。








人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。







posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 私の庭から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

梅花ウツギが咲いた。


 香りのあるお花って
色々ありますよね~。

私、
香りのお庭に憧れて
色々と調べた事があります。 読書.gif

 キンモクセイにギンモクセイ、
クチナシやジャスミンなど
色々ありますよね。

バイカウツギ2.jpg

今日は、真っ白なお花の
梅花ウツギのお話。 

 白いお花って
見ごろを過ぎると
花びらが傷んできて
茶色くなるものが多いですよね~。

 梅花ウツギって、
花びらが茶色くなりにくいようです。

バイカウツギ1.jpg

その前に散ってしまいます。 

ね~。
お花も可愛いでしょう。 

バイカウツギ3.jpg

このお花が気に入って
育てることにしたんです。 ホワホワハート.gif



.。o☆○: ゚・,。 。,・゚ :○☆o。.


bv7vs9ap.gif 私のブログ経由で楽天に入って買ってくださった読者さま。
本当にありがとうございます。
とっても、嬉しいで~す。 








人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。







posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 私の庭から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

去年に引き続き剪定したよ。


 購入した年は、
きれいに咲いてくれた一歳桜は
今年も咲きません。

何が悪いのかなぁ~? 

桜2.jpg

その上大きくなって
世話に困まります。 

 手乗り桜が
理想なんだけど...

桜4.jpg

220258.gif 一度、剪定したら
枝が枯れてしまって、
それからは、
切らずにいたんだけど
去年の趣味の園芸で
剪定方法を教えてもらいました。 262185.gif

その方法は習字?

桜1.jpg

 ううん。
切り口に墨を塗るの。

桜6.jpg

これだけで、
枯れないんですよ。

不思議ですよね~。 はてな2.gif




.。o☆○: ゚・,。 。,・゚ :○☆o。.


bv7vs9ap.gif 私のブログ経由で楽天に入って買ってくださった読者さま。
本当にありがとうございます。
とっても、嬉しいで~す。 



私の気になる薔薇.jpg
カインダブルー

バラの家さんの区分けで
野性の強さを秘めた元気なバラ
Type1 まれな薬剤散布でOK
 
でした。

京成バラ園さんの最新品種カインダブルーです。

春の花はまだちゃんと見ていないのですが、
秋の花は深みのある花色と、大輪のロゼット咲きで
存在感抜群の美しい花を楽しませてくれます。

紫系といってもいろいろな花色がありますが、
これほど濃く深みのあるモーブの花色はかなり珍しいと思います。

そして、ふっくらとした蕾は深いカップ咲きから
花開くと優雅なロゼット咲きへと変化していきます。


紫系でこんな花形だと、
病気に弱かったり、育てにくい品種が多いですが、
カインダブルーは黒星病、うどんこ病に強く
初心者の方にもおすすめのパープルローズです^^

耐病性に優れる、濃い葉色のしっかりとした葉も綺麗で
深い花色の花をより一段と引き立ててくれますよ!

系統 HT ハイブリッドティー
花色 紫色
花形 丸弁ロゼット咲き
花径 中輪
芳香 ★★☆☆☆微香
香質 ティー
ティー香 
開花 ★★★★☆四季咲き
樹高・伸長 1.2m
樹形 木立樹形 普通タイプ
樹勢 ★★★☆☆樹勢3
うどんこ病 ★★★★☆うどんこ病4
黒星病 ★★★★☆黒星病4





人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。







posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 私の庭から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする