2018年11月28日

剪定バサミの消毒


昨日はブログすっぽかして本当にご免なさい。 
実は、朝から一日寝込んでました。

朝起きるなり、頭痛とめまい、それと軽い吐き気。 
着替えようとまではしたんだけど、ダメでした。

こんな時って、いつも体温が35度台。
体温が低くて、動けないみたい。

まだ少しめまいが残ってます... 

ボレロ1.jpg

では、では、

 今日は私が教えてもらった
剪定バサミの消毒でーす。

 思い出って云うブルーローズが
癌腫病になって、

その後、アンジェラ、レッドドリフト、無名の赤バラって
感染が広がったように思います。 

めんどくさがりの私でも、
やっと消毒の必要性を感じるようになりました。 
いばるなー  


190306.jpg

消毒の方法を先生に聞いたら、
ライターで炙ると良いそうです。 

ライターに火を付けて
刃の下からスーッと滑らすように
炙ります。

これで、  でーす。

185327.jpg

私はその後、
除菌シートで拭いて
次のバラの剪定をします。

これで感染が収まったら良いんだけど...


私の気になる薔薇.jpg
マリー デルマー

バラの家さんの区分で
Type1 ほぼ無農薬でOK!
でした。

細くしなやかな枝先に1輪ずつ、
清らかに舞う妖精のように愛おしく咲きます。

高温期はピンクに変化。
やさしい芳香のする四季咲き種。

ドイツ、サンガーハウゼンから来た貴重種です。

作出  1888年 ハンガリー Rudolf Geschwind
系統  N ノワゼット
花色  淡いピンク
花形  ロゼット咲き
花径  中輪
芳香  中香   ★★★☆☆
開花  四季咲き ★★★★☆
樹高  1.3m

ウドンコ病 ★★★☆☆
  黒星病 ★★★★☆

 




人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。


posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 栽培方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

はーい、席替えをしまーす。


読者さま、こんばんは (*^▽^*) 

私のバラ達はほとんど終わってしまいました。

 まだ、少しつぼみを持ってるのがあるので、
咲いてくれたらうれしいです。

モニークダーヴ4.jpg

バラは、気温が5℃以上あると
生育が出来るそうです (・_・D フムフム

蕾のあるバラや、
弱っていて元気のないバラは、
暖かい場所で
出来るだけ光を当てるように
してあげる事が
大事なんだって。 

アスリット1.JPG

壁際とかも良いようですよ =^-^=うふっ♪

良い事、教えてもらったので

少しづつでも
バラ鉢の席替えをしまーすよ。

みなさーん。は~い、席替えでーす。


でも今日は、おやちゅみ。
(。´-ω-)オヤスミ。o○Zzz。o○ 


私の気になる薔薇.jpg
バランゴ

白い花弁に明るいピンクの絞りが入るバラ。
中大輪房咲きで、満開時は庭を明るく彩ります。
樹はコンパクトなブッシュタイプで、鉢植えもOK。
四季咲き性も強く、ラズベリーの香り。

バラの家さんの区分けで
Type2 薬剤散布と肥料が少し必要
でした。


作出  2016年 フランス Dorieux
系統  S シュラブ
花色  白にピンクの絞り
花形  丸弁咲き
花径  中輪
芳香  中香  ★★★☆☆
香質  フルーツ
開花  四季咲き ★★★★☆

樹高  1.4m
ウドンコ病 ★★★☆☆
  黒星病 ★★★☆☆







人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。


posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 栽培方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

消毒の強化月間ですよー。だって。



読者さま。こんばんは  ٩(╹◡╹

今年の読者さまのバラは
綺麗に咲いておられるでしょうか770464.jpg


モニークダーヴ.jpg

私のバラは、
機嫌が良かったり、悪かったり、
蕾が無かったりって色々です (。 ・ω・))フムフム

どうして、蕾がつけてくれないの (o゜ー゜o)??

去年はどうだったかなぁ~。
なんて、思い出そうとしても、
頭ん中は、スッカラポンです。

まっ、良いかっ! \(^o^)/

ん〜。そういえば~。
暑さで根やけして...

葉っぱがいっぱい落ちてしまったような???

1020952.jpg

あ~~、思い出してしまった (^▽^;)

去年は、? 去年もボロボロでした (。□。;)逆さガビーン!!

思い出さなければ、良かったです。
マチルダ.jpg

この時期は、病気も活発になるので
消毒の強化月間だって、
先生から教えてもらいました。 

この時期、
黒点病なんかになってるバラって、
芽が出てくれないらしいです Σ(゚Д゚*)ソウナンダ!!

それが消毒すると、
一週間ぐらいで、芽が伸びてくるそうです。

 芽が伸びてきて、
40日~50日で花が咲くので
まだ間に合うそうですよ。

それと元気になってから、
冬を迎えるほうが
来年のために良いそうです。

マチルダ2.jpg

私の庭にも、
病気で苦しんでるバラがあるので、

消毒したほうがいいのかなぁ~。 
(ー_ー;)。o O (思案中)



私の気になる薔薇.jpg
オールド ブラッシュ

バラの家さんの区分けで
タイプ1(放っておいても元気に育つ)のバラです。

四季咲き性のバラとして
中国からヨーロッパへ広まった最初のバラ。

可憐な八重の中輪花を房咲きに付け
春から冬まで咲き続ける。

柔らかいピンクの花色で
生育ともに花壇に良く向く。

透き通るようなピンクの花色に、
ふんわりとした可愛らしい花形の中輪花。

数輪の房咲きになり、
小さな株いっぱいに咲かせます。

マットな質感の小さな葉も可愛らしく、
こんもりと茂る株に満開の花を咲かせる姿は
とてもバランスが良く美しい草姿を楽しめます。

鉢植えや花壇の前方などにおすすめです。

春早めから晩秋まで絶え間なく
咲き続ける連続開花性と、
無農薬でも育てることができる
丈夫さもこのバラの特徴です。





人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。


posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 栽培方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする