2018年05月10日

クロッカスローズ


今日は、私の庭のクロッカスローズを紹介します (╹◡╹)

クロッカスローズ_063017 (2).jpg

クロッカスローズ出会ったのは、

阪のデビッド・オースチンのイングリッシュローズガーデンです。 


香りのエブリンを目当てに行ったんだけど、

そのエブリンの横でチョコンと咲いていた

クロッカスローズに引かれました。





その、かわいらしさが気に入って

その後、手元に置くことになりました。


クロッカスローズ_063023 (2).jpg


購入前に育てている人の感想を調べてみたら、

うどん粉や黒点病に少し弱いように書かれてました。


デビッド・オースチン・ロージズのホームページでは、

病気になりにくく耐寒性もあり、どんな気候にも対応する万能種との説明書き。


私の庭では病気に対して、あまり苦労したイメージはありません。


どちらかというと枝が細くって、花がお辞儀する所が残念 (;へ:)

でも、コンパクトでクリーム色のかわいい花が魅力的です。

香りも中香ですがちゃんと香ってくれます。


コンパクトなクリーム色の花を探されている方は、

候補の一つにされてはいかがでしょうか (´・◡・`)


 




人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。








posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 品種紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

私の青バラの紹介


日本は外国に比べて青バラが好きな人が多いって聞いたことがあります。

そして、青バラって栽培が難しいって、イメージもありますよね〜。


そう思っていたんだけど、
園芸番組で丈夫な品種が出てきましたって紹介されてて、
すかさず買っちゃったのが、ノヴァーリスです


丈夫ですよ!


今はこんな感じです。

ノヴァーリス (2).jpg

枝も葉っぱもワンサカ

蕾  (o゜ー゜o)?? 

少しわかりにくいけど、たくさん付けてます。

ちょっと、アップにしてみますね。

ノヴァーリス_180037 (2).jpg


ゲゲッ。

 さんの足跡発見

ノヴァーリス_180053 (2).jpg

よく見ると、ダブルカップルで4頭も発見。


いま、 さんの  の季節かな?




まだ蕾が小さいから、花はもう少し先のようです。

お楽しみに!!




人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。






 


P.S

 さんが食べて、しおれた葉っぱは、

卵が入っている場合があるので全部取ってね!

めんどいなぁ〜





ラベル:ノヴァーリス
posted by ぽち at 20:47| Comment(0) | 品種紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

私の庭のばら紹介

 
今日はネ。

久々に、ばらの紹介をしようと思います。٩(



前にクィーンエリザベスが枯れちゃったって、哀しいご報告をしたけど。

今日は白色のクィーンエリザベス、ホワイトクイーンエリザベスのお話しにしました。

クィーンエリザベスが、あまりにも丈夫で育てやすかったので、ホワイトクイーンエリザベスも欲しくなって買ってしまいました。


まずは、写真から。 パチ パチ パチ 
ホワイトクィーン_20180422_182010 (2).jpg

いっぱい葉っぱが付いてて、元気そうです。

先生が王室や皇室に捧げられたバラは、丈夫な物が多いっておっしゃってました。

グランディフローラって系統らしいのですが、日本ではハイブリッド・ティーとして扱われることが多いようです 

この系統の特徴は、 ハイブリットティーのようにきれいに整った大輪の花が、フロリバンダのように房咲きになることらしいです 

クィーンエリザベスは、白の他に黄色赤色もあるようですよ。

初心者や無農薬派の方には、特におすすめの品種ですね。


今、私の株は蕾が4つ付いています。
ホワイトクィーン_182028 (2).jpg
きれいに咲きますように!

ホワイトクィーン_20180422_182101 (2).jpg




人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。







 


 


 






PS.
昨日のブログでハスモンヨトウ君の写真は、希望者限定にしたはずだったのに、なんと見だし写真になってました。( ̄Д ̄;;

チョーショックです。

見出しから来ていただいている読者様は、嫌な思いをされた事でしょう。
本当にごめんなさい。

  




posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 品種紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする