2018年06月01日

チュウレンジハバチの卵の駆除方法でーす。



今日は私の
チュウレンジハバチの卵の駆除方法をお話ししようかなぁ~。
なんて...

チュウレンジハバチの幼虫は、たくさんの葉っぱを食べるので、
ふ化する前に駆除できたらって思われた読者様も、
おられるかもしれませんね。

ビエドゥー.jpg

この方法、私が偶然見つけた方法で、
たぶん誰もされてないと思います。

良い方法と思ってるので、
良かったら試してみて下さいネ。


私は産卵した枝の傷口が開くのが可愛そうで、
どうにかならないかって思って、
木工ボンドを傷口に塗ったんです。

チューレンジ_132752.jpg

コレが偶然にも、駆除になったようです。



Dr.真島さんの本で、
チューブ式のゴキブリホイホイ
(最近はホームセンターなどでバラの虫ホイホイって売られてます)で、
産み付けられた所を覆うように塗り込める方法が紹介されてました。
それで、呼吸が出来なくなるようです。

他にはインターネットで調べてみたら、
産卵された所は、やがて開いてきて中が見えるようになるので、
その中の卵をまち針などで、挿して駆除する方法が紹介されてました。


それでは私の方法です。
ホームセンターなどで売っている木工ボンド
(どろっとした、白い液体)を産卵場所の上から
包んでしまうようにたっぷりと塗ります。

チューレンジ_132840.jpg

木工ボンドは、乾くと透明になるのでそれほど目立ちません。
ただ、濡れると白くなることがあります。

165351.jpg

傷口全体を覆うようにたっぷり塗るのがポイントです。

産卵直後でも、孵化直前でも効果があると思ってます。

読者さま、良かったら試してみてくださいね。





人気ブログランキングに参加しています。
応援してもらえたら嬉しいです。






posted by ぽち at 21:00| Comment(0) | 栽培方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください